日記一覧 23ページ目 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

1-2 【民間金融機関の住宅ローン】について

 

最近、住宅ローンの低金利化が進みまして、新聞の記事でも取りざたされておりますが、具体的には、どのような内容なのかを今般、お伝えさせていただきます。

まず、民間の金融機関で住宅ローンを組まれる方の多くは、変動金利を選択される傾向にあります。それは、やはり金利が低い(ほとんどの銀行で実質1%以下)からだと思われます。固定金利もございますが、固定金利を選択されますと、その期間の変更がきかず、変動金利に比べて、高い金利のまま、支払い続けなければならないデメリットが出てくるからです。但し、その反面、金利が上昇した時のメリットはあります。それは固定金利期間中、金利が上がらないことです。

なかなか難しい選択ですが、これまでの過去約10~15年の住宅ローンの金利の推移を見ますと金利が上昇する可能性は低いと思われます。(あくまでも、私個人の見解です)このような背景を踏まえて、お客様は、変動金利をご選択されると思われます。

また、民間金融機関の住宅ローンには、団体信用生命保険という、住宅ローンの借入れ期間中に、ローンを組んでおられる方に万一の事があった時のために生命保険が用意されております。簡単に言いますと、住宅ローンの借入れ期間中に借りている人が亡くなった場合、住宅ローンもなくなるという保険です。

この死亡保険とあわせて、オプションでガン保険、3大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中)、8大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)など、上記に該当する病気になれば、条件(一定期間継続した病状と入院をしていること等)はありますが、住宅ローンがなくなるという、借りている方にとっては、心強い保証も充実しており、まさに「住宅ローンを借りなければ損」のような状態が昨今続いております。

また、昔(10~20年前に)住宅ローンを組んでお家を買われた方の「借換え」も目立つようになってきました。これもやはり上記で取り上げたような低金利化の影響かと思われます。

何に付けましても、この低い金利の時に住宅ローンを組むことは損ではないと思いますし、賃貸に住んで住宅ローンと同じ支払いをされている方と比較してもメリットはふんだんにあると思われます。

また、変動金利のルールや、その他の充実した団体信用生命保険の詳細等につきましては次回、私のブログでお伝えさせていただこうと思います。

                       

         営業部チーフ 山田裕之

投稿日:2016/10/23   投稿者:山田 裕之(チーフ)

【フラット35】 とは、「住宅金融支援機構」と「民間金融機関」が提携して提供する『長期固定金利の住宅ローン』です。

『長期固定金利の住宅ローン』 とは、資金の受取時に、返済終了までの借入金利と返済額が確定する住宅ローンですので、将来のライフプランが、立てやすくなります。

①【フラット35】 の利用に際しては、「住宅金融支援機構」で定めた技術基準に基づく物件検査を実施します。(適合証明)

②【フラット35】S により、省エネルギー性・耐震性等、質の高い住宅を取得する場合に、金利を一定期間引き下げる制度により、住まいづくりを応援します。

③【フラット35】リノベ により、性能向上リフォームにより住宅性能を向上させた中古住宅を取得する場合等に、金利を一定期間引き下げる制度の取り扱いを平成28年10月1日申込受付分から開始しました。

 

『保証料0円』 一般的に住宅ローンの借入れに必要となる保証料はかかりません。保証人も必要ありません。

『繰上返済手数料0円』 返済中に繰上返済や返済方法の変更を行う場合も手数料はかかりません。

 

特徴を生かした借入方法

『収入合算』 借入希望額に対してひとりの年収で不足する場合に、ご夫婦の年収を全額合わせて申し込むことができます。

≪ケース1≫ ご主人が契約社員、奥様が年金収入を合算して、新築戸建をフリープランでご購入頂きました。

『親子リレー返済』 お子様等、一定の条件を満たす方を後継者として、2世代で返済する制度です。

≪ケース2≫ お子様のご結婚の新居として、お父様とお子様の年収を合算して、フルリフォームの中古住宅をご購入頂きました。

≪ケース3≫ セカンドハウス・ご親族がお住まいになるための住宅として、明石市にお住まいのご主人が、奥様のご両親が、お住まいになるための尼崎市の中古住宅をご購入頂きました。

 

上記以外の住宅ローンの対応例は、たくさんございます。住宅ローンに対する不安がございましたら、お気軽にご相談ください。

                                      営業部 阿井川


投稿日:2016/10/15   投稿者:阿井川 幾司

1 住宅を購入する前に知っておきたいこと

 

本当に良い物件を購入するには、タイミングがとても大切になります。

その為、人生で一番高い買物かもしれませんが、良い物件を良い条件で購入するには、正直ゆっくり考える時間はありません。

なぜなら、良い物件は誰が見ても良い物件です。更に良い条件ともなれば競争率は高くなります。

決して慌てて購入して下さいと言う訳ではございません。

良い条件の良い物件に出会った時に、しっかりと決断出来るだけの準備がとても大切だという事をお伝えしたいのです。

 

住宅を購入するにあたってほとんどの方が住宅ローンを組むことになります。

ですから良い物件に出会う前に、住宅購入において重要なポイントとなる住宅ローンの事を知っておく事がとても大切です。

これから少しずつですが、住宅ローンについて出来るだけ解りやすく概略的にご説明させて頂きます。少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

そもそも 住宅ローンとは 

住宅ローンは、主に住宅を新築・購入する時に使用するローンでございます。

その他のローンとは、金利・借入期間などが大きく違います。

住宅ローンの方が、格段に金利が低く・35年長期借入が可能です。

 

次に住宅ローンといっても、数多くの銀行と商品がございます。

どこの銀行でローンを組むか

どれくらい借入出来るのか

金利は何パーセントなのか

金利の比較はどうやってするのか

元利均等返済・元金均等返済

変動金利・固定金利

団体信用生命保険 ex

住宅ローンとひとことで言っても、普段聞き慣れない単語や疑問点が数多く出てくるのではないかと思います。

そういった疑問点を解消する為、次回は、住宅ローンの種類や特徴をご説明いたします。

           営業部 丸塚


投稿日:2016/10/10   投稿者:-

こんにちは臼井です。

 

決算期前には値引き販売が行われていることはご存知でしょうか。

新車なんかでも決算売り尽くし・決算○○セールなどよく聞くと思うのですが、

不動産販売においても決算月2.3か月前位から値引き販売してくる不動産会社はあります。

 

特に目立つのは、大手パワービルダー(戸建分譲住宅会社)が多いと思います。やはり大手は物件供給数が多いので決算月3か月くらい前より、売れ残り物件(完成在庫物件)をまず100万下げて、1か月経過しても売れなければさらに200万円さげて販売する、という感じの会社があります。

 

最終の価格と当初の販売価格と比較すると4~500万円も差がある。ということもあります。

 

やっぱり大手は在庫数と売り上げも高いですから、その会社全体の利益を考えると、売れ残り物件は、決算期前には赤字覚悟で価格を見直し、売り切ってしまう。というスタンスになるのかと思います。

 

で、あれば決算月の3か月前位に購入検討すればいいのでは?と考えられると思うのですが、不動産はやはり購入の時期・タイミングがあると思いますのでそう簡単・単純に購入時期を決めてしまうわけにもいかないと思います。

 

そう考えると、年始くらいから新築戸建や中古物件(売主業者の)で売れ残っているものの中には大幅値引き対応可物件が潜んでいるかもしれません。

 

時期的には大手は3月決算が多いですから、年明けの1.2月くらいが狙い目だと思います。ただし物件の引き渡しは決算期月までを条件に付けてこられるケースが多いように思います。

 

買主様にしてみれば少し慌ただしい手続きになるかもしれませんが、

その分お得に購入できればいいですよね!!

 

よくいいますね!!「残り物には福がある」!

 

 

それでは また!!!

 

投稿日:2016/10/08   投稿者:代表者 臼井 修

こんにちは臼井です

 

買主様に購入していただく際に、お客様から「この物件の価格は下がるのでしょうか」と聞かれることがあるのですが、私は「数十万単位で下がることもあれば、まったく下がらない場合もあります」と答えることが多いように思います。

 

下がるどころか、ほぼ同時に買い付け申し込みが売主様へ到達し価格交渉を入れたばかりに、買い付け証明の優先順位が2番手になり、買いそびれてしまうこともあります。

 

買主様にとって少しでも有利に購入したいと思い、価格を交渉したい気持ちはわかるのですが、強気で交渉して、せっかく気に入った物件が購入することができなければ、結果、本末転倒になりますよね。

 

価格交渉で大事なことは、購入するにあたり、買主様が価格が下がらなければ購入する意味がないと考えるのか、あるいはそのラインまで価格が下がらないとローンが組めないなど予算的な問題があるとか、今の自宅を売却しての買い替えの場合なども金額が確定的にネックになるケースがあると思います。売り出し価格が、購入するにあたり物理的に問題がある場合は売主様に対して価格交渉という形になると思います。

 

安易な交渉で買いそびれることもあることだけは認識して交渉する必要があります。

売主様も価格交渉が入ることを前提に売り出し価格を決めておる売主様もおられれば、あるいは段階的に価格をさげていく(たとえば3か月で売れなければ、価格を下げよう等)売主様もおられます。また、売主様が買い替えで売りに出され、「どうしてもこの売出価格で売却しないと、次の買い替え先物件に買い替えできない」売主様もおられます。

 

このような売主様は値引きは一切しないと考えられると思います。このように売主様の事情・売却理由も千差万別なので、価格交渉と一口に言っても単純なものではないのです。我々業者はその間に立ち、調整をつけていくわけですね。したがって不動産屋の担当者には、ある程度の自分の物件に対する想いをはっきり伝えるほうがいいと思います。

 

 

それでは また!!!

 

投稿日:2016/09/29   投稿者:代表者 臼井 修