日記

DIARY

はじめまして、葛原怜恩と申します。

今回が初めてのブログ投稿になりますが、簡単に自己紹介をさせていただこうと思います。

2001年7月23日生まれのしし座、血液型はAB型です。

 趣味は海外映画・ドラマを観ることです。最近はスターウォーズシリーズを最初から見直しています。おススメの作品がありましたら是非教えて下さい。

 建築・建設系の専門学校に行っていたので、簡単な設計や製図が出来ます。また、施工に関することも勉強しましたので何でもお気軽にお聞きください。

 今後の目標ですが、お客様からこの人から買いたい・売りたいと言われるような親しみの持てる営業マンになりたいです。まだまだまだわからないことばかりで、日々勉強の毎日です。特に今はお客様に色々な物件をご紹介することに力を入れております。

 この業界に入ってまだ日が浅く慣れないことも多いですが、先輩方と肩を並べられるように日々精進して参ります。

 どうぞよろしくお願いいたします。

 

投稿日:2022/05/23投稿者:葛原 怜恩

こんにちは、アート不動産の加我でございます。

今回も住宅ローンに関係するお話として「返済比率」のお話をしたいと思います。

 

「返済比率」とは文字通り「収入に対する返済の割合」です。

もっとわかりやすく言いますと、「収入の内、どのくらいまでローンなどの借入が認められるか」ということです。

特に住宅ローンではこの返済比率内に借入が収まらないと、資金計画が成り立たず否決になってしまいます。

 

さて、この返済比率ですが、収入によっても変わってきます。

年収が、

~300万円で30%

300万円~500万円で35%

500万円~で40%

がおおよその金融機関の定めている返済比率です。

逆に言いますと、このパーセンテージ以内に収まる借入しかできないということです。

年収300万円としますと、30%までですから年間90万円、月当たり75,000円の返済を限度として計画を立てなければなりません。

ちなみに、月額75,000円の返済でしたら約2,500万円の借入が可能です(金利を1.4%、35年返済での計算です。100万円あたり月3,000円の返済となります)。

もし、車のローンなどすでに他のお借り入れがある場合でしたら、この75,000円から毎月の返済額を差し引いてください。

例えば、月20,000円の車のローンがある方でしたら、(75,000-20,000)÷3,000=1,833万円の借入が可能になります。

 

このように、年収によって返済比率は変わりますし、お持ちのローンによっても借入可能額が変わってきます。

ただし、審査の基準は金融機関によって違いますので、必ずしもこの計算通りにはいかないところもあるのも事実ですが、おおよそ参考にしては頂けると思います。

 

また、参考にして計算してみたところ、

「すでに借入が多いので返済比率がオーバーしてしまっている・・」

という方には、そのような今あるローンをおまとめして住宅ローンと同時に借入する商品も金融機関によってはございます。

 そのような方もまずは一度、私どもにご相談頂ければと思います。

よりお客様に合ったご提案をさせて頂きます。

まずは、お気軽にご相談くださいませ!

投稿日:2022/05/09投稿者:加我 聡(リーダー)