日記 2020年7月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

アート不動産の藤井です

今回は住宅ローン件お話しさせて頂きます。

不動産会社にも住宅ローンに詳しい会社と、詳しくない会社がございます。

住宅ローンに詳しくない不動産会社は、難しいローンの組み立てなどが分からないという理由で諦めてしまう場合がございます。

難しいローンの組み立てをしても、不動産会社はお客様に頂く報酬額が変わらない為、割りに合わないと考えてしまう不動産会社の内部事情が影響している事も事実です。

お客様に合った、住宅ローンを組むための不動産会社と金融機関との信頼関係も重要になります。

お客様に合った金融機関とは?

住宅ローンに欠かせない金融機関にも、お客様の状況により、得意・不得意分野がございます。

お客様の業種や、既存借入に融通が利きやすい等、それぞれのお客様に合った金融機関があります。

アート不動産は、それぞれの金融機関の特色を正確に把握したうえで、今までに築き上げてきた金融機関との信頼関係とパイプで、お客様に合った金融機関をご紹介する事が出来ます。

お客様との信頼関係

お客様の状況を把握する為に、しっかりとヒアリングをする事で、それぞれのお客様に合った金融機関や、返済計画をご提案させて頂いています。

心配な事や、ささいなご相談にも、専門知識のあるスタッフがしっかりと対応させて頂きます。

他社でローンが通らなかった方へ

先日、他社でローンが通らず購入を諦めていたお客様が弊社にきて頂いて無事ローンの審査が通り無事購入していただくことができました。他社で断られた方でも可能性はゼロではないのでぜひ1度ご相談ください

 

投稿日:2020/07/27   投稿者:藤井 俊弥

こんにちは臼井です!

 

 

 最近80~90才くらいの高齢になっての売却案件が多いように思います。

 

 

 

先月も90才と86才の方の売却をお世話させていただきました。

 

 

 

1件は収益物件の資産売却でもう1件の方は買い替えでした。

 

 

 

80を超えてきますと、いろいろな手続きが難しくなる年齢ですよね!

また耳が遠くなったり、足腰が弱くなり移動に時間がかかったりもあります。

 

 

 

 

高齢になると衝動的な行動ではないと思うんです。

 

 

 

やっぱりその年齢になるまで現状での生活や不動産処分等について十分な考えが及ばずに結果、高齢になり動いておられるケースが多いのでは?と思います。

 

 

私の身近でも高齢になり二世帯同居を始めてうまくいってないなども見受けられます。

 

 

 

やっぱり不動産の購入や売却は大きなお金が動きますのでそれなりの準備とエネルギーが必要です。

 

 

 

そう考えると問題を先送りするのではなく、今のうちにしっかり考えて将来に備える、準備することが必要では??

 

 

子供たちと二世帯で住む、自宅を売却して老人ホームへ悠々自適(笑)、

戸建から駅前マンションンへ住み替える・・・

 

 

最後は故郷へ帰るなど・・・・終の棲家をどうするか??

いろんな選択肢があります・・・

 

 

 

それでは、また!!

投稿日:2020/07/13   投稿者:代表者 臼井 修(宅地建物取引士)