日記 2019年12月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

※弊社は、新型コロナウイルス感染症対策として、来店不要で住まい探しのサポートを開始いたしました。

詳しくはコチラ

日記

DIARY

アート不動産の藤井です

 

今年も最終のブログを担当させていただきます!!

 

今年もあと少しとなってしまいました

 

10月から増税があり皆様少しご購入のテンションが下がっていると

思いますが増税後も中古物件の場合は物件価格に消費税はかかりません!!

 

そして増税後にご購入でローン控除が受けられる物件なら増税前はローン控除が受けられるのが10年だったのが13年までローン控除を受けることができます。

 

ほかにも増税で購入を諦めていた方はよろしければ他にも優遇処置もございますので

1度藤井までお問合せください。

 

新年も皆様のお役に立てればと思いますのでお問い合わせお待ちしてます。

 

投稿日:2019/12/23   投稿者:藤井 俊弥

こんにちは、アート不動産の山田です。

今回は、『不動産を売却された時の税金関係』についてのお話しをさせていただこうと思います。

 

『不動産を売却された時の税金関係』の注意点としましては、ご自身で住んでいる、自己居住用の不動産であるかどうかで、支払う税金の額が、かなり変わってくるという点です。

 

まず、その前に、基本的なことをお話しさせていただきます。

不動産を売却した時に利益が発生した場合、その利益分に対して支払う税金のことを『譲渡所得税』と言います。

その逆で、不動産を売却した時に、損益がでた場合は、『譲渡損失』と言います。

 

そして、その『譲渡所得』には、2パターンあり、「短期譲渡所得」と「長期譲渡所得」とがあります。

この違いは、土地や建物を売った年の11日現在で、その土地や建物の所有期間が5年を超える場合は、「長期譲渡所得」になり、5年以下の場合は、「短期譲渡所得」になります。

 

また、税率につきましては、売却した時に出た利益(譲渡所得)に対して、「長期譲渡所得」の場合は約20%、「短期譲渡所得」の場合は約39%が課税されてきます。

 

このように、所有期間によって、支払う税金の額も違ってきますので、「いつ売るのか」についても重要なポイントとなってくるでしょう。

 

 

今回は、『不動産をご売却された時の税金関係』の「譲渡所得税」の長期及び短期譲渡所得税の違いについて、お話しをさせていただきました。

次回は、その「譲渡所得税」の自己居住用であるかどうかによって、税額が変わる点のお話しをさせていただこうと思います。

投稿日:2019/12/08   投稿者:山田 裕之(チーフ)

 12月のオープンハウスは、2019年の穴場だと思う街(駅)ランキング関西版1位の「JR尼崎駅」徒歩5分『アミング潮江イーストA3 11階の1109号室』で、12/1(日)、12/8(日)、12/15(日) 10:30~12:30実施中です。

 駅近のマンションですので、JRを利用して通勤される方にとっては、たいへん便利な立地です。

 お買い物は、近隣に生活施設が充実していまして、「あまがさきキューズモール」「阪急オアシス尼崎潮江店」も、徒歩23に有ります。

 又、当該マンションの3に、「小田体育館」があり、『健康づくり教室』『フィットネススクール』『専門技術をマスターできるスポーツスクール』や『卓球・バドミントン・バレーボールの一般開放』『障がい者の方へ卓球の一般開放』が、行われています。

 今回のオープンハウスへ最初に、来場された方は、昨年の暮れに、弊社に、ヤフー不動産を見られて物件のお問い合わせをいただきましたご夫婦で、二人目のお子様も出産されて、お子様連れで、お見えになりました。前回も、3~4軒のマンションをご覧いただきましたが、まだまだ、研究中との事にて、室内の写真を数点撮影されて、帰られました。

 次の週は、2組ご来場されました。いずれも、マンション周辺に、配布いたしましたチラシをみて、ご来場いただきました。お一人目は、初老の男性の方で、現在、老朽化した戸建にお住まいで、昨今、地震や台風など、強度な自然災害が多いので、マンションへの住み替えをご検討中で、先週も、他のマンションを見られ、次に、JR「東塚口」のマンションも見て、いろいろと検討したいという方でした。この方のご心配は、耐震についての不安が、大きいようでした。当該マンションは、「住宅都市整備公団」が分譲したSRC造のマンションで、平成6年3月に建築されています。

 次の方は、平成生まれのお若いご夫婦のご内覧でした。このマンションが、初めて、見られた不動産で、これから、いくつかの物件をご覧になりたいという「物件見初め」のご夫婦でした。

 ご内覧された方は、それぞれに、マイホームに対する課題をお持ちで、その為、市場に売りに出ている物件をいくつも、見られています。また、見初めの方は、これから、いくつもの物件を見ようとされています。特に、大半の方が、不動産は、大きな買い物で、一生に一回、出来るかどうかの買い物です。ですから、マイホームをお探しの方には、いくつかの物件をご内覧された上、比較検討して、ご購入に進まれるのが肝要かと思います。

 弊社は、毎週土・日に、2~3現場のオープンハウスを実施しています。建物のご内覧は、「マイホーム探し」にとって、たいへん、プラスになるところが多いと思います。お住まいの近くで、オープンハウスが、実施されるときは、是非、ご遠慮なく、お立ち寄りください。ご来場お待ちしております。

投稿日:2019/12/01   投稿者:阿井川 幾司