日記 2019年10月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

 豊中市の服部緑地公園の南側にある若竹町にて、中古住宅のオープンハウスを行ないました。緩やかな南傾斜の閑静な住宅地で、古家をリノベーションして住まいしても良し、建物を解体して、分割の宅地分譲としても良しの物件です。 

 最初に、来場された方は、奥様で、お子様とご一緒に、スマホの地図のナビゲーションを頼りに、電動自転車で、来られました。お話は、出来ませんでしたが、どうやら、新築住宅をお探しの様に、遠目から、拝見いたしました。 

 次に、ご来場頂いた方は、ご夫婦とお子様二人のご家族で、お越し頂きました。かねてより、新築用地をお探しで、若竹町は、阪急線側の一丁目と北大阪急行線側の二丁目に、東西で分かれていますが、二丁目の売土地は、まったく、無かったため、この度のオープンハウスは、すこぶる魅力を感じてご来場頂きました。

 今回の中古住宅は、昭和38年に建築された日本古来の建築様式による建物です。特徴としましては、南側間口を生かして、和室の外に広縁が有り、床の間、欄間、出書院により、装飾されています。建物は、古くて、劣化していますが、風情が有り、なぜか、こんな家に住んでみたいと素直に思える間取りです。畳も本間サイズで、大きいため、和室6畳と8畳の続き間は、ゆったりと落ち着いたスペースとなっています。 

 余談ですが、この間取りをみて、「さざえさん」の家の様だと思った人がいますが、従来、昭和の和風住宅は、この家に似た間取りが多く建てられています。実は、本日、ご来場頂いた方の奥様が、再度、お母様とご一緒にお越し頂きまして、ご内覧されました。ご実家が、やはり、同じような間取りで、建てられていたそうで、非常に、懐かしく思い、ご内覧頂きました。 

 昨今の建物は、コストやメンテナンスが、主流の考え方の建物の為、洋風の大壁造りが、ほとんどですが、昭和の時代は、「総檜の家」や「大黒柱」「床柱の前彫り」「欄間」「装飾天井」等、和室に贅を凝らして、建築されていました。量から質の時代と呼ぶためには、古来の和風建築の良さも、取り入れた建物プランを検討されるのも良策かと思います。 

 弊社は、毎週土・日に、2~3現場のオープンハウスを実施しています。建物のご内覧は、「マイホーム探し」にとって、たいへん、プラスになるところが多いと思います。お住まいの近くで、オープンハウスが、実施されるときは、是非、ご遠慮なく、お立ち寄りください。ご来場お待ちしております。 

投稿日:2019/10/20   投稿者:阿井川 幾司(宅地建物取引士)

こんにちは臼井です。

 

 

プライベートでは先週、次男の婚約顔合わせと新居を購入したので東京と埼玉(浦和区)まで行ってきました。東京はやっぱり高いですね!!さいたま市浦和区あたりの中古マンションでも坪400万円位のものもあります!!

 

 

これが23区人気エリアだと新築マンションで坪600~700万、74㎡2LDKで、価格1億4000万越え、

駐車場代月額5万、管理費・積立金計約5万、ローンなしでも経費だけで毎月10万かかる!!

普通のサラリーマンは「東京では買えんなぁ~」という感じ!! 

 

去る9月のことなのですが、当社で武庫之荘駅前のマンションを買い取りし、その物件の内装工事前のあいさつに階下の方へいったのですが、

 

 

 

 

その方が当社が上の住戸を買い取ったことを説明すると、「私の住戸(店舗)も買い取ってほしい」とのことでした!

 

 

 

 

お話をお聞きすると賃貸募集して約3年程度空きがつづいており固定資産税だけを払っている状態なのでこの際処分したいとのことです。

 

 

 

 

 

現在当社にて査定させていただき売り出し価格なども相談中でございます。戸建の空き家の問題もあるのですが、今後はマンションの空き家の問題も出てくると思います。

 

 

 

 

 

築45年を過ぎるとマンションでも約1割が空き家だそうです!!今回のように収益目的でも借り手がない、空き家率がひどくなると管理組合の運営や修繕積立金不足にもつながると思います。

 

 

 

 

「マンションは管理を買え」とも言います。管理組合の運営や管理会社の努力でも空き家予防につながる部分があると思います。

 

 

 

 

 

私も以前にマンションの管理組合の役員を経験したこともあるのですが、積極的にかかわったほうが結果、資産価値を維持することにつながるのだと思います。

 

 

 

 

 

今後、中古マンションにおいても、管理会社や管理組合の運営状況のレベル(積立金の総額、修繕状況(外壁・配管・エレベーターリニューアル)、積立金の不足等が国交省などで区分され購入者にもわかりやすく管理内容がランク付けされるようになり、買主の購入する際の目安になるかもしれませんね!!

 

管理会社が発行する書面で「重要事項調査報告書」なるものがあります。

これに管理費の総額、積立金の総額、

 

 

滞納金額や修繕状況が記されています。入居者がしっかりしており管理会社の運営がきっちりされているかどうかはこの書面でだいたい掌握できます。しっかりした管理会社は管理内容も細かく記載するので報告書の枚数も多いです。

 

 

中古マンションを購入を考えている場合は先方の仲介業者に

申し込み前に見せてもらうと購入の判断になりますよ!

 

 

 

私も会社で買い取った物件を販売する時などは

できるだけ細かい管理内容を販売シートに書くようにしています。

 

 

 

そのほうが買主様も判断しやすいですもんね!!

 

 

 

入居者の質の高い中古マンションは管理費など滞納者がほとんどおられませんね!

入居者のレベルもある程度判断できる材料になります。

 

 

 

 

 

それでは、また!!

投稿日:2019/10/06   投稿者:代表者 臼井 修(宅地建物取引士)