日記 2018年5月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

※弊社は、新型コロナウイルス感染症対策として、来店不要で住まい探しのサポートを開始いたしました。

詳しくはコチラ

日記

DIARY

物件購入をご検討中のお方に、少しだけアドバイスです。

今回は、物件のご内覧の時に、知っておくと便利なポイントパートⅫをお話したいと思います。

 

物件内覧ポイント その⑭】 今回は「ペアガラス」について、考えてみましょう。

 

「ペアガラス」とは、2枚の板ガラスの間に一定間隔の空気層をおいた複層ガラスです。断熱性がよく、遮音性もあり、結露を生じにくいところが、特徴です。昨今の分譲住宅等では、ペアガラスは、定番となっており、あまり、その効能に驚きを感じなくなったことは事実です。

 

そこで、今回は、「Low-Eガラス」のお話をしたいと思います。「Low-Eガラス」とは、特殊金属膜(酸化亜鉛と銀)をコーティングしたガラスのことを言います。このコーティングによって、「遮熱」と「断熱」を目的としてつかわれた複層ガラスで、「エコガラス」とも呼ばれています。

 

「Low-Eガラス」は、室外側に「Low-Eガラス」を使ったペアガラス=「遮熱タイプ」と室内側に「Low-Eガラス」を使ったペアガラス=「断熱タイプ」の大きく2種類に分かれています。この遮熱・断熱によって、冷暖房費の削減ができます。

 

また、「Low-Eガラス」はカーテンの日焼けの原因となる「紫外線」をカットし、日焼けを防止する効果もあります。

 

「Low-Eガラス」は、コーティングする特殊金属膜が風化・さびやすいという特徴が有りますので、単板では使わず複層ガラスとして使われます。複層ガラスは、ガラスとガラスとの間に空気層があるので、単板ガラスよりも部屋の外と内で気温差ができにくく、結露対策にもつながる建材です。

 

「Low-Eガラス」の目的は、「遮熱」「断熱」であって、防犯・防音目的のガラスではありません。しかし、防犯目的を持った「合わせガラス」+「Low-Eガラス」の複層ガラス製品は有ります。また、同様の原理で、防音効果の高いフィルムをつかった複層ガラス製品(「防音効果の高い膜を使用した合わせガラス」+「Low-Eガラス」)もあります。

 

地球温暖化が確実に進んでいる昨今、エアコンは家に入ってきた熱を外に追い出して冷やしていますが、「Low-Eガラス」は家に熱をそもそもいれないようにしています。エコ商品ですよね。

 

最後に、「Low-Eガラス」の見分け方は、ガラスの右下に「Low-E」とか「エコガラス」と印字されています。注意してご内覧ください。

 

次回も、物件(商品)を内覧する時の知っておくとお得なポイントをお伝えしたいと思います。弊社では、皆様が、無理のない住宅購入の決断を下せるように、各担当者が、アドバイスやご内覧のサポートをさせていただきます。物件(商品)のご内覧に関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

                            営業部 阿井川

投稿日:2018/05/27   投稿者:阿井川 幾司

物件購入をご検討中のお方に、少しだけアドバイスです。

今回は、物件のご内覧の時に、知っておくと便利なポイントパートⅪをお話したいと思います。

 

物件内覧ポイント その⑬】 今回は「珪藻土(けいそうど)の壁」について、考えてみましょう。

 

「珪藻」とは、藻類に分類される生物で、植物プランクトンの一種です。「珪藻」が、海底や湖底、川底などに堆積して化石化したものを珪藻土といいます。つまり、自然が生み出した鉱物なのです。無数の微細な孔を持ち、耐火性や吸水性、吸着性、消臭性、保温・調湿性など、たくさんの優れた性質を持っています。

 

珪藻土は自然素材の特性を生かして壁に利用されるだけでなく、特性を生かして古くから日常生活で利用されてきました。耐火性を利用してコンロや耐火レンガが作られ、酵母を吸着する働きを利用してビールの濾過も行われています。身近なところでは、食品の湿気防止や消臭、脱臭グッズ、お風呂上がりの水分を素早く吸い取り、快適な状態を保つバスマットに利用されています。

 

無数の微細な孔を持つ多孔質の珪藻土には、室内の湿度が高くなると水分を吸収、逆に湿度が低くなると水分を放出して湿度を調節する働きがあります。これにより結露の解消も可能になる為、孔を持たないビニールクロスにはできない働きを持っています。同じ自然素材の壁材として漆喰(しっくい)も人気が有りますが、調湿機能に関しては、珪藻土の方が上を行くため、湿気の多い洗面所などの水まわりにもよく利用されます。

 

珪藻土は多孔質なので、熱伝導率が低い特性を持っており、断熱性が高く、冷暖房効率が良くなるというメリットがある為、省エネにぴったりの素材です。

 

珪藻土には耐火性があります。住宅といえば怖いのは火事ですが、珪藻土なら燃焼を長く抑えることができます。もちろん化学物質ではないので、燃えて有害なガスを発生させることもありません。

 

珪藻土の細かい無数の孔は、呼吸をしています。その働きで、ニオイや有害物質を吸着します。トイレのアンモニア臭やキッチンの生ゴミといった不快なニオイも取り込みますので、室内の空気はいつも清浄され、発がん性が指摘されているホルムアルデヒドを吸着し、無害なものに分解してくれるという利点も見逃すことはできません。

 

次回も、物件(商品)を内覧する時の知っておくとお得なポイントをお伝えしたいと思います。弊社では、皆様が、無理のない住宅購入の決断を下せるように、各担当者が、アドバイスやご内覧のサポートをさせていただきます。物件(商品)のご内覧に関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

                            営業部 阿井川

投稿日:2018/05/12   投稿者:阿井川 幾司

こんにちはアート不動産の藤井です

今回はこの前の続きでフラット35のメリット・デメリットについてお話させていただきます

 

○金利のメリット

【フラット35】は、最長で35年間、借入時の金利が最終返済まで変わらない全期間固定金利の住宅ローンで、毎回の返済額も一定です。金利が上昇する局面になった場合でも返済額は変わらず、安定した返済が可能なため、将来の家計プランが立てやすくなります。このように、金利が変わらないことが【フラット35】の最大のメリットといえます。

 

○借入時のメリット

住宅ローンを借りる際には審査があり、民間の住宅ローンでは、職業や勤務形態、勤務年数、年収などさまざまな基準が設けられています。一方で、【フラット35】は年収による返済負担率(年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下)は決められているものの、勤続年数は問わないなど、転職したばかりの人や自営業の人などでも比較的申し込みやすくなっています。

  • 金利のデメリッ

【フラット35】は全期間固定金利型ですので、変動金利(半年型)や当初固定金利型に比べると金利は高めで、毎回の返済額も高くなります。仮に世の中の金利が下がった場合でも、借りた時の金利で固定されるので毎回の返済額も変わりません。もしも金利が下がる局面になった場合には、全期間固定金利型のメリットは薄れる可能性があります。

 

  • 借入時のデメリット

 

【フラット35】を借り入れするためには、住宅金融支援機構独自の基準を満たす建物であることが必要です。例えば、床面積は、戸建て70m²以上・マンション30m²以上という基準があり、平屋建てやワンルームマンションでは基準を満たさないケースもあるでしょう。また、建物の性能面でも耐久性や断熱性などに一定の基準があります。

 

今回はフラット35のメリット・デメリットについてお話させていただきました。

次回はフラット35の向いてる人・向いてない人について簡単にお話させて頂きたいと思います

 

投稿日:2018/05/07   投稿者:藤井 俊弥