日記 2017年1月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

1-11 【団体信用生命保険】についてⅡ

 

前回は、団体信用生命保険の種類(「死亡及び重度障害」、「ガン」、「3大疾病」、「8大疾病」)をご説明しましたが、今回は、最近の団体信用生命保険の商品をご紹介していこうと思います。

前回のおさらいですが、一般的な「死亡及び重度障害」の団体信用生命保険は、借主様が住宅ローン借り入れ期間中に「死亡及び重度障害」になると住宅ローン残高が0円になり、「ガン」の団体信用生命保険は、生まれて初めてガンと診断された場合、初期のガンであっても、住宅ローンの残高は無くなるというものです。次に3大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中)は、ガン以外に心筋梗塞・脳卒中で医師の診療を受けた日から60日以上所定の状態が継続したと診断されれば、住宅ローンの残高は無くなります。最後に8大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)は、ガン・心筋梗塞・脳卒中以外に高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で医師の診療を受けて就業不能状態が12~13カ月間継続すれば住宅ローンの残高が無くなるというものです。

 最近の商品は、上記に加えて「日常のケガ・病気保障特約」という商品があります。これは、住宅ローン融資日以降に罹患した8大疾病以外のケガ・病気により就業不能状態となり、その状態が1ヶ月を超えて継続し、住宅ローン返済日が到来した場合、1回の就業不能につき、最長12回を限度に毎月のローン返済額を保証してくれます。また、このような状態が、13か月を超えて継続した場合には、住宅ローン残高が0円になります。

 これは、重大な病気以外にも日常的に起こりうるケガ等で仕事ができなくなった場合に月々のローン返済を保証してくれて、もし、1年以上(13か月以上)仕事ができなくなった場合には、住宅ローンが無くなるという保障ですので、借り入れされている方にとっては、心強い商品だと思います。

 次に、「奥さま保障特約」という商品があります。内容としましては、8大疾病の団体信用生命保険と先程の「日常のケガ・病気保障特約」の両方に加入することを条件に無償で加入できる保障です。これは、女性配偶者が生まれて初めて乳ガン・子宮ガン・卵巣ガンなどで、医師の診断確定がなされた場合、ガン診断保険金として、100万円が支払われる商品です。

このように最近の「団体信用生命保険」は家族まで保障してくれ、多額の借金である住宅ローンを組んだからといっても、万一の場合は保険がまかなってくれるという安心感さえあると思われました。

                      営業部チーフ 山田裕之


投稿日:2017/01/29   投稿者:山田 裕之(宅地建物取引士・チーフ)

住宅ローンをご検討中のお方に、少しだけアドバイスです。

皆様は、【返済比率】 という言葉をお聞きになられた事が、お有りでしょうか?

 

【返済比率】とは、年収に対する住宅ローンの年間返済額の割合です。金融機関では、融資の条件として、返済比率の上限を30~40%を目安としています。

 

例えば、年収500万円の方の返済比率の上限を35%とした場合、

   500万円 × 35% = 175万円

 

つまり、年収500万円の方は、年間返済額が、175万円以下の住宅ローンを組むことが可能という目安です。

   175万円 ÷ 12か月 = 145,800円/月額返済

 

審査金利4%の場合、3200万円・35年返済:141,687円/月額返済

審査金利3%の場合、3700万円・35年返済:142,394円/月額返済

 

次に、実行金利を1%で、住宅ローンを借入した場合

          3700万円・35年返済:104,445円/月額返済

 

   104,445円 × 12か月 = 1,253,340円/年間返済額

 

   125万円  ÷ 500万円 = 25%

 

長期的な返済面のゆとりや確実性を考えた場合、年収の25%以内が理想的な返済比率とみなされています。

 

【既存借入】とは、現在返済中のオートローン・ショッピングローン(リボ払い)・カードローン等をいいます。これらの返済額は、住宅ローンの返済額と合算して審査されますので、既存借入をたくさんお持ちの方は、住宅ローンの借入可能額が少なくなり、目的の物件を購入することが出来なくなることも有ります。

 

【カードローンの融資枠】新しいカードを取得した時にセットされる融資枠は、住宅ローンの審査には、マイナス材料です。今、お持ちのカードのカードローンの融資枠は、「使っていない」よりも、「融資枠は、0円である」事をお勧めいたします。お使いにならないのなら、すぐに、カード会社に連絡して、融資枠を外して、0円にする事をお勧めいたします。

 

【ショッピングローン(リボ払い)】月々1万円とか、2万円とか、定額のお支払いのリボ払いは、ローンとみなされます。携帯電話の本体の割賦販売も、ローンとみなされて、個人情報の借入として、記録が出る場合がありますので、ご注意ください。

 

今回は、住宅ローンの審査時に、よく有るマイナス材料をご説明させていただきました。弊社では、皆様が、無理のない住宅ローンをお組み願えるように、各担当者が、アドバイスや事前審査のサポートをさせていただきます。住宅ローンに関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

営業部 阿井川


投稿日:2017/01/22   投稿者:阿井川 幾司(宅地建物取引士)

1-9 住宅ローン借入期間について

 

意外と知られていないのが、住宅ローンの借入期間です。

 

①借入される方の年齢で最長借入期間が決まります。

 

基本的には、住宅ローンを80歳までに完済することを前提として、最長借入期間が決まります。

40歳の方の場合、最長35年の住宅ローンを組むと75歳で完済となります。

50歳の方の場合、29年数ヶ月が最長の住宅ローン借入期間となります。

 

接客させて頂いておりますと、そんなに長く住宅ローンを組みたくないと言われる方も少なくはありません。

実際35年という期間は、長期間になりますが、住宅ローン借入当初から期間を短くしてしまいますと月々の支払いが増え、返済に無理を生じる場合もございます。

ですから、金融機関から借入する期間は可能な限り長く借入して、実際の返済はご自身の中で無理のないペースで支払いをしていく事をお薦めしております。

また、住宅ローンには繰り上げ返済という制度があります。 

以前は、まとまった金額を金融機関の窓口にわざわざ出向き、更に手数料を払って繰り上げ返済をするという事をしていましたが、ここ最近は、インターネットを使い、月に数回、繰り上げ返済が無料で出来る金融機関もございます。

よって、借入期間は長く確保し、支払いに余裕のある時は、繰り上げ返済をして借入期間を短縮していく事をお薦めさせて頂いております。

 

②マンションの場合は 60年-築年数 = 最長借入期間となります。

                     (すべての金融機関ではございません。)

例えば 築40年のマンションですと最長借入期間は、20年となります。

借入する方が、40歳であっても借入最長期間は20年となります。

金融機関の中には特に築年数の制限のないところもございます。

マンションをご検討の方は築年数も考慮した物件探しが必要になってきますのでご参考にして下さい。

営業部 丸塚 


投稿日:2017/01/16   投稿者:-

こんにちは!臼井です。

 

年末は石垣島へ行き、少しゆっくりさせていただきました。

今回のテーマは「自宅売却の留意点」についてです。

 

自宅を売る時の留意点として、私がよく説明差し上げたのが、

室内をできるだけ整理して片づけてください。とお願いしていました。やっぱり見た目、第一印象が大事です。

 

押し入れやクローゼットの中までは難しいかもしれませんが最低見える箇所は整理してください。古くてもすっきりしていれば印象はいいですよね!

 

それと南向きであっても全ての照明器具をつけてもらい少しでも明るい印象の演出をおねがいしました。本来はクロスを貼り替えたり床を張り替えたりすると綺麗になり売りやすくなると思うのですが、

 

住みながらの改装は、大変ですし、お金もかかりますので、なるべくお金をかけずに印象をよくすることが大事ですね。荷物が多い家ならば不要な家具などはこの際処分して売りに出すのもいいと思います。

 

戸建の庭とかマンションでも専用ポーチなどがあれば花を置いたりするのも印象が良くなります。

 

それと効果があるのは水回りはできれば念入りに掃除するのがいいと思います。特にキッチン周りの油汚れや・換気フードなど周辺も綺麗にしておけば印象アップです。お風呂も大事ですねシャンプーや石鹸を入れる小物やイスなども綺麗にしておくか、買い換えて新しいものにしておけば印象アップです。

要はモデルルームをイメージして家の中を見直せばいいのです。

清潔感・すっきり感が大事です。

 

 

物件を売りに出すと土・日の案内が多いので、できるだけ土日は、どなたかに在宅していただくようお願いし、お出かけされていても案内の時には戻れるように配慮していただきました。私の担当する売主様は土日で案内できないことは、ほとんどなかったので「売主不在で案内できない」という機会損失はなかったです。

 

他にも売主様が案内時に買主様に一生懸命セールスされる方がいらっしゃるのですが、あまり売主様が力を入れて説明すると「この売主は売り急いでいる」と思われることもあるので、説明事項はやはり仲介業者に任せた方がいいと思います。

 

それでは また!!

 

投稿日:2017/01/08   投稿者:代表者 臼井 修(宅地建物取引士)