日記 2016年12月 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

※弊社は、新型コロナウイルス感染症対策として、来店不要で住まい探しのサポートを開始いたしました。

詳しくはコチラ

日記

DIARY

1-8 【団体信用生命保険】について

 

前回は住宅ローンの金利の種類や変動金利のルールについて、ご説明させていただきましたので、今回はその住宅ローンに伴う、『団体信用生命保険』という、住宅ローンを借りられる方(フラット35で住宅ローンを組まれる方以外)は、ほとんど強制(語弊があるかもしれませんが)に近いかたちで、民間金融機関の方から、加入を義務付けられている保険をご紹介させていただきます。

 

それは、住宅ローンの借入れ期間中に借りている方が死亡若しくは重度障害になった場合に住宅ローンの残高が無くなるという、借りている方には、心強い保険の事です。

これは先に述べましたが、金融機関の方から加入を義務付けられている保険なので、裏返せば、加入できない方は、住宅ローンが組めないということになります。但し、この『団体信用生命保険』の加入につきまして、一般的な「死亡及び重度障害」の保険ですと、借主様の自己申告による3~4項目の質問事項の記入のみで審査が完了しますので、よほどのことがない限り、ほとんどの方が加入できております。

 

この他、「死亡及び重度障害」に加えて「ガン」、「3大疾病」、「8大疾病」と民間の医療保険並みに商品が多数出ております。これはやはり、金融機関が住宅ローン獲得のために保険会社と提携して、つくり出した秘策ともいえる商品だと私は思います。

 

その内容をご説明しますと、まず、「ガン」の『団体信用生命保険』ですが、生まれて初めてガンと診断された場合、初期のガンであっても、住宅ローンの残高は無くなるという仕組みです。(但し、上皮内ガン等のガンが浸潤していない状態では、保険は下りてきません)

次に3大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中)ですが、こちらもガン以外に心筋梗塞・脳卒中で医師の診療を受けた日から60日以上所定の状態が継続したと診断されれば、住宅ローンの残高は無くなります。

 

最後に8大疾病保険(ガン・心筋梗塞・脳卒中・高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎)ですが、ガン・心筋梗塞・脳卒中以外に高血圧症・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変・慢性膵炎で医師の診療を受けて就業不能状態が12~13カ月間継続すれば住宅ローンの残高は無くなります。

 

いずれにせよ、最近の住宅ローンに伴う商品は充実しており、前回も述べましたが「住宅ローンを組まないと損」というような風潮になっているように思えます。今回書ききれなかった、『団体信用生命保険』最新の商品を次回のブログにて、ご紹介させていただきます。 

営業部チーフ 山田裕之

投稿日:2016/12/18   投稿者:山田 裕之(チーフ)

住宅ローンをご検討中のお方に、お得なお話です。

皆様は、 【フラット35】S という言葉をお聞きになられた事が、お有りでしょうか?

 

【フラット35】Sとは、【フラット35】の利用に際して「住宅金融支援機構」で定めた技術基準を満たすことに加えて、省エネルギー性、耐久性・可変性、耐震性、バリアフリー性において、一定の基準を満たす住宅を購入する場合は、(金利Aプラン)当初10年間、(金利Bプラン)当初5年間、【フラット35】のお借入金利から年0.3%金利を引き下げる制度です。

 

【フラット35】S(金利Aプラン)の基準は、「エネルギーの使用の合理化に関する法律」に基づく「住宅事業建築主の判断の基準(通称 トップランナー基準)」に適合する住宅 認定低炭素住宅 長期優良住宅 耐震等級3の住宅 高齢者等配慮対策等級4以上の住宅です。

 

中でも、認定低炭素住宅・長期優良住宅・耐震等級3 という言葉は、新築住宅の物件資料・チラシ等でよく記載されていますので、ご確認下さい。

 

【フラット35】S(金利Bプラン)の基準は、省エネルギー対策等級4の住宅 劣化対策等級3の住宅で、かつ、維持管理対策等級2以上の住宅 耐震等級2以上の住宅 免震建築物 高齢者等配慮対策等級3以上の住宅 です。

 

さらに、【フラット35】S(金利Bプラン)の基準には、中古住宅特有の基準が有ります。その基準とは、二重サッシまたは複層ガラスを使用した住宅 建設住宅性能評価書の交付を受けた住宅(省エネルギー対策等級2以上)または中古マンションらくらくフラット35のうち【フラット35】S(省エネルギー性(外壁等断熱)に適合するもの)として登録された住宅 浴室及び階段に手すりが設置された住宅 屋内の段差が解消された住宅 です。

 

この中古住宅特有の基準を満たしている建物は、よく有りますので、私が、【フラット35】を利用していただいた中古住宅ご購入のお客様は、全員の方に、【フラット35】S(金利Bプラン)をご利用いただき、お喜び頂いております。

 

例えば、実行金利1.48%、借入金額3,000万円、借入期間35年の場合、【フラット35】S(金利Aプラン)を利用すると、総返済額で約87万円、【フラット35】S(金利Bプラン)を利用すると、総返済額で約47万円もお得です。

 

平成28年12月の実行金利は、35年(団信別)で、年1.1%ですので、【フラット35】Sをご利用いただきますと当初10年、当初5年の金利が、年0.8%の固定金利となります。

 

尚、【フラット35】Sは、平成29年3月31日までの申込受付分に適用されますが、【フラット35】Sには予算金額があり、予算金額に達する見込みとなった場合は、受付が終了となります。

 

是非、この機会に、お得な住宅ローンの取り組みをご相談下さい。

住宅ローンに対するご不安、ご質問がございましたら、お気軽にご相談ください。

                            営業部 阿井川


投稿日:2016/12/11   投稿者:阿井川 幾司

1-6 住宅ローン減税について

 

このまま賃貸住宅で家賃を払っていった方が良いのか、それとも住宅ローンを組んで物件を購入した方が良いのか、凄く重大な選択ですよね。

もうご存知の方も多いかとは思いますが、実は住宅ローンを組む事により大きなメリットがいくつかあります。

今回は住宅ローンを組む大きなメリットの

一つ 住宅ローン減税について書かせて頂きます。

 

住宅ローン減税とは 

住宅ローンを利用して物件を購入した方が、受けられる減税措置の事です。

消費税増税の法案等とも連動しているところもありますが、今回は大まかな

要件と内容をご説明させて頂きます。

 

住宅ローン減税を受けるには、いくつかの要件があります

1、自ら居住すること

2、床面積が50㎡以上であること

3、中古住宅の場合、耐震性能を有していること又は

 耐火建築物以外の場合(木造など) 築20年以内であること

 耐火建築物の場合 築25年以内であること

4、借入期間が10年以上であること

5、年収が3000万以下であること

などが主にあげられる要件です。

 

住宅ローン減税制度の概要

1、毎年の住宅ローン残高の1%を10年間、所得税から控除

2、所得税で控除しきれない分は住民税からも一部控除

3、消費税率の引上げに連動する

 

詳細の要件等は、国土交通省のサイトでご覧頂けますのでご参照下さい。

http://sumai-kyufu.jp/outline/ju_loan/

 

以上の様に要件を満たしていれば、かなりの額の減税措置が受けられます。

住宅ローン減税等のメリットを踏まえてもう一度、ゆっくりとお考えになってみてはいかがでしょうか。  


投稿日:2016/12/05   投稿者:-