フラット35について② | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ
フラット35について②

こんにちはアート不動産の藤井です

今回はこの前の続きでフラット35のメリット・デメリットについてお話させていただきます

 

○金利のメリット

【フラット35】は、最長で35年間、借入時の金利が最終返済まで変わらない全期間固定金利の住宅ローンで、毎回の返済額も一定です。金利が上昇する局面になった場合でも返済額は変わらず、安定した返済が可能なため、将来の家計プランが立てやすくなります。このように、金利が変わらないことが【フラット35】の最大のメリットといえます。

 

○借入時のメリット

住宅ローンを借りる際には審査があり、民間の住宅ローンでは、職業や勤務形態、勤務年数、年収などさまざまな基準が設けられています。一方で、【フラット35】は年収による返済負担率(年収400万円未満は30%以下、年収400万円以上は35%以下)は決められているものの、勤続年数は問わないなど、転職したばかりの人や自営業の人などでも比較的申し込みやすくなっています。

  • 金利のデメリッ

【フラット35】は全期間固定金利型ですので、変動金利(半年型)や当初固定金利型に比べると金利は高めで、毎回の返済額も高くなります。仮に世の中の金利が下がった場合でも、借りた時の金利で固定されるので毎回の返済額も変わりません。もしも金利が下がる局面になった場合には、全期間固定金利型のメリットは薄れる可能性があります。

 

  • 借入時のデメリット

 

【フラット35】を借り入れするためには、住宅金融支援機構独自の基準を満たす建物であることが必要です。例えば、床面積は、戸建て70m²以上・マンション30m²以上という基準があり、平屋建てやワンルームマンションでは基準を満たさないケースもあるでしょう。また、建物の性能面でも耐久性や断熱性などに一定の基準があります。

 

今回はフラット35のメリット・デメリットについてお話させていただきました。

次回はフラット35の向いてる人・向いてない人について簡単にお話させて頂きたいと思います

 

投稿日:2018/05/07   投稿者:藤井 俊弥