日記一覧 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
お問い合わせはこちら
日記

物件購入をご検討中のお方に、少しだけアドバイスです。

今回は、物件のご内覧の時に、知っておくと便利なポイントパートⅨをお話したいと思います。

 

物件内覧ポイント その⑪】 「浴室の付帯設備の機能」について、考えてみましょう。

 

あなたのお宅のお風呂の給湯は、「高温差し湯」式ですか?

「高温差し湯」式とは、お風呂が、ぬるくなった時に、高温のお湯を差し湯(足し湯)する機能です。新しい水を足す原理ですので、衛生面によく、乳幼児や老人、アレルギーに敏感な方にとっては、やさしい機能です。

あなたのお宅のお風呂の給湯は、「追い炊き」式ですか?

「追い炊き」式とは、冷めた浴槽内のお湯を、ボイラー等へ循環させて温め直す機能です。新たに水を使うことなく、浴槽内のお湯の量を一定に保ち、温め直すため節水効果は有ります。特に、多人数家族で、お風呂の使用時間が、長い場合は、温め直す機能が付いていると便利ですね。

ただし、使用した浴槽内のお湯が配管内部に残るので、内部で雑菌が繁殖しやすくなりますので、こまめに、お掃除が必要になります。

 

次に、「給湯器」と「風呂釜」の違いを考えてみましょう。

 

「給湯器」とは、水圧のかかった「水」に、熱を加えて「お湯」に変える機能のみを持つ機械です。「3点給湯」「3か所給湯」とは、一般的に台所・風呂・洗面所にお湯を出す事が出来ることをいいます。

 

「風呂釜」とは、浴槽に貯めた水を、沸かしてお湯にする機能のみを持つ機械です。「五右衛門風呂」とは、かまどの上に鉄釜を据え、下から火をたいて直接に沸かす風呂で、湯桶の下に鉄釜を取りつけたものがあり、入浴のときには、浮いている底板を踏み沈めて入ります。昔は、薪で風呂を沸かして、入浴していました。

現在でも、戸建住宅等では、「給湯器」ではなく、「風呂釜」でお風呂を沸かして入浴されている方が、まだまだ、居られます。

 

ご内覧時に、台所、浴室等の給湯が、どのような設備によって、どのような機能が有るかを確認されることは、その機能の使用において、得られる効用やデメリットを知るカギとなりますので、ご注意ください。

 

次回も、物件(商品)を内覧する時の知っておくとお得なポイントをお伝えしたいと思います。弊社では、皆様が、無理のない住宅購入の決断を下せるように、各担当者が、アドバイスやご内覧のサポートをさせていただきます。物件(商品)のご内覧に関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

                                                                                                営業部 阿井川

投稿日:2018/02/25   投稿者:阿井川 幾司

こんにちは臼井です。

 

最近、価格が少し付けにくい物件が結構出てきているような気がします。

 

ひとつは幹線道路沿いの連棟住宅(文化住宅)で幹線道路に面している住戸は店舗に改装しているのですが、それ以外は1.2階が独立した住戸(風呂なし)になっているのです。築後約50年近く経過しており、そのまま使うにしても改装費用が高くつく割に、賃料がとれないので収益物件としても難しく、連棟住宅を切り離し(3戸1を2戸1にして)建て替えればどうか?

 

 

ということも考えたのですが、建物が古すぎて建築業者が建物を切り離すこと自体が難しく、切り離す時にモルタル等が劣化しているので、隣家の建物に影響が大きいとの判断で難しいとのことでした。

 

 

又、万一切断できたとしても隣の建物の基礎が当方に越境するので、その越境した部分を分筆しなければならず、分筆することにより市の条例の最低敷地面積に抵触するので、建築確認申請が下りないなどの問題があり・・・結果、更地にしたとしても建売用地として利用するのは難しいと判断しました。

 

一番いいのは隣の方などに購入していただくのがいいのでしょうが・・毎回そう上手くはいきません。

 

少し前では価格が付けにくい(活用方法で頭を悩ます)ということはあまりなかったのですが、最近はそのような物件が増えてきているように感じます。

 

例えば市場の一部なんかもそうだと思います。幹線道路などに面していれば店舗の出入り口を逆転させるなどして利用することも可能だと思うのですが、市場の中で且つ、店舗間口が市場内だと、基本的にはその中で商売している方くらいしか利用価値がないと判断される物件もあります。

 

そのようなことを考えると今後これらの単体では利用価値が難しい物件等は、単体ではなくたとえば市場であれば市場全体での処分方法の検討、古い連棟住宅などであれば、隣家と一緒に建て替えたり、売却したりして利用価値を高めていく必要があると思います。そのためには金融機関の不動産融資基準の見直し等も必要になると思われます。

 

そうしないと今問題になっている空き家・所有者不明の土地の問題などがなかなか解決しないのではないかと思います。

 

 

我々プロも物件の見方、活用方法・提案手段をもっと勉強していかなければ!!

 

 

それでは  また!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018/02/11   投稿者:代表者 臼井 修

初めまして、藤井俊弥と申します。             

これから月1でブログを更新しますのでよろしくお願いします。

1回目の今回は自己紹介をしようと思います。

平成4年の6月23日生まれのかに座です。

運動神経は良い方で中学から始めたバレーボールでは全国までいくことができました。

だからといってバレーボールが好きかと聞かれると好きではないです(笑)。

どちらかというとサッカーが大好きです。

サッカーの話ならずっとできるのでお店に来られた際もし興味がありましたら一度話を振ってみてください。

まだ、新人なので分からない事も多いですが、早く、1人前になれる様に頑張って参りますので

宜しくお願いします。

投稿日:2018/02/05   投稿者:藤井 俊弥

こんにちは、アート不動産の山田です。

前回からの引き続きで、今回は『賃貸住宅の火災保険(地震保険)』の割引制度について、お話をさせていただきます。

 

地震保険には、建物の性能や設備によって適用可能な割引制度があります。

それが下記のような条件です。

 

①建築年割引(10%割引):対象建物が、昭和56年6月以降に「新築」された建物であること。

 ②耐震等級割引(1050%):対象建物が住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する「評価方法基準」又は国土交通省の定める「耐震診断による耐震等級の評価指針」に定められた耐震等級を有している建物であること。

 ③免震建築物割引(50%):対象建物が住宅の品質確保の促進等に関する法律

に規定する「評価方法基準」において免震建築物の基準に適合  する建築物であること。

 ④耐震診断割引(10%):対象建物が地方公共団体等による耐震診断または、

耐震改修の結果、昭和56年6月施行の改正建築基準法における耐震基準を満たす建物であること。

 

 ※上記の割引制度は重複しての適用ができません。

 

上記のように様々な『賃貸住宅の火災保険(地震保険)』の割引制度がありますが、それを裏付けする確認書類も必要であり、全ての建物に対して適用できるわけではないのです。

 

今回は、『賃貸住宅の火災保険(地震保険)』の割引制度についてのお話をさせていただきましたので、次回は、『店舗等の賃貸の火災保険』について、ご紹介していきたいと思います。

 

 営業部チーフ 山田裕之

投稿日:2018/01/29   投稿者:山田 裕之(チーフ)

物件購入をご検討中のお方に、少しだけアドバイスです。

今回は、物件のご内覧の時に、知っておくと便利なポイントパートⅦをお話したいと思います。

 

物件内覧ポイント その⑩】 「3階の天井の仕上げ」について、考えてみましょう。

 

建築基準法では、建築物の高さの制限を色々設けています。

3階建ての建物で、前面道路に近い部屋の天井の一部が、勾配天井になっている事が有ります。これは、道路面の日照などを確保するために、建築物の高さを、前面道路の反対側境界線を起点とする一定の勾配の斜線の範囲内に収めなくてはならないからです。敷地にゆとりがあれば、建物の配置を道路面より、距離を取って建てれば、天井の仕上げも、無理なく高さを取れることになります。

 

道路斜線と同じように、建物の北側の部屋の天井の一部が、勾配天井となっていることが有ります。これは、北側にある建物の日照を確保するため、一定の基準を定めて建物の高さを制限しています。

 

マンションの配置で、建物の北側に駐車場を設けているものをよく見かけます。高層のマンションの場合、北側隣地境界線の近くに建物を配置すると、北側の家が真っ暗になり、日当りが全く入らなくなってしまいます。そのため、北側隣地に建物の影を落とさないように、建物を出来うる限り南側に配置し、北側の斜線の制限をクリアして、建物を建てているのです。

 

また、内覧の際に、見受けられる事が有りますが、階段の天井部分やクローゼット・物入の天井部分を利用して、斜線勾配を取っている建物が有ります。これは、あまり、目立たないところで斜線勾配の仕上げを行なっていますので、部屋の天井高は、普通に取れていれば、全く、違和感がない快適な居住空間となります。 余談ですが、このような道路からの斜線や北側のお家からの斜線を思いながら、お近くのお家の屋根をご覧になると「なるほど、それで、あの様な屋根の勾配になっているのか」と思うようなお家が、数多くみられると思います。違法な建物ではなく、合法的に建てられていることをご承知おき下さい。

 

次回も、物件(商品)を内覧する時の知っておくとお得なポイントをお伝えしたいと思います。弊社では、皆様が、無理のない住宅購入の決断を下せるように、各担当者が、アドバイスやご内覧のサポートをさせていただきます。物件(商品)のご内覧に関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

                            営業部 阿井川

投稿日:2018/01/22   投稿者:阿井川 幾司