日記一覧 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

日記

DIARY

こんにちはアート不動産の藤井です

今日は不動産の譲渡所得税について簡単に書きたいと思います。

「不動産譲渡所得税」なんともまあ、取っ付きにくい言葉だと思うのは僕だけでしょうか…

一言でいうと、不動産を売った時にかかる税金のことです。

土地、建物を売ったときの売却益である「譲渡所得」は

他の所得と分離して課税されます。

 課税譲渡所得金額×税率=譲渡取得税

上記のように、売った時の税金である「譲渡所得税」を求めるには、 税金の計算のもとになる「課税譲渡所得金額」が明確である必要があります。

 

例えば、家を売却して3,000万円で売れた場合、

3,000万円×税率=税額という計算式で大丈夫そうな気がします。

実は、そうではありません。 家を売るときにかかった必要経費などは考慮してくれることになっているのです。

 簡単な計算式で見てみましょう。

 譲渡価格-(取得費*①+譲渡費用*②)=課税譲渡所得金額 上記の式では、不動産の売れた値段の「譲渡価格」から、 「取得費」「譲渡費用」を経費として、

引くことが出来ることを表しています。

*1取得費用……購入時の物件にかかった金額のことです

      もし相続などでこの価格が分からない場合、譲渡金額の5%で計算されます

 

*2譲渡費用……売却の時にかかった金額のことです

 

今回はざっくり簡単に譲渡所得税をお話させていただきました

次回は課税譲渡所得金額にかかる税率のお話させていただこうと思います

その前に詳しくお聞きになりたい方、お問い合わせください!(笑)

投稿日:2018/09/17   投稿者:藤井 俊弥

こんにちは、アート不動産の山田です。

今回は、火災保険等のクーリングオフ制度に関するお話しをさせていただこうと思います

 

 『クーリングオフ』とは、保険期間が1年を超える契約については、契約の申込み後であっても、申込みの撤回または、契約の解除を行うことができる制度のことです。

 

クーリングオフを行う際には、書面によって申し出をすることになります。

また、申し出ができる期間は、契約の申し込日または、クーリングオフの申し出書の受領日のいずれか遅い日からその日を含めて8日以内です。

(郵送によって行った場合は、8日以内の消印が有効となります)

 

また、下記の契約は、クーリングオフができませんので、ご注意ください。

 

①保険期間が1年以下の契約。

②営業または、事業のための契約

③法人または社団・財団等が締結した契約

④質権が設定された契約

⑤第三者の担保に供されている契約

⑥賃貸借契約等により債務の履行を担保とするために保険契約の付保を義務付けられている契約

⑦「通信販売に関する特約」に基づき申し込まれた契約

 

 今回は、火災保険等における『クーリングオフ』制度の概要について、お話しをさせていただきましたので、次回は、『クーリングオフ』制度の詳細について、お話しをさせていただこうと思います

 

 営業部チーフ 山田裕之

投稿日:2018/09/02   投稿者:山田 裕之(チーフ)

最近、【フラット35】を利用して、購入していただくケースが増えてきました。私も、進んで【フラット35】をお勧めしています。その理由は、・・・

 

① 変動金利の先行き不安、近い先に、金利が上がるのではないかと、思われる方が、少しづつ増えてきたのではないでしょうか。そこで、金利安定志向で、【フラット35】を選択される方は、徐々に増えると思います。

・今月の【フラット35】35年返済の実行金利は、1.34%です。

・今月の三井住友銀行の超長期固定金利は、1.79%です。

これを見ると、固定金利は、【フラット35】利用が、お勧めです。

 

② 今までの【フラット35】は、団体信用生命保険料が、年払いで、実行された月々払いの中で、支払うのではなく、残債に対して、年払いの保険料が掛かっていました。この支払方法が、民間金融機関の住宅ローンと同じように、毎月の支払いの中に、団体信用生命保険料が含まれるようになりました。

 

③ 今回、【フラット35】をお勧めの理由で、大きなメリットは、諸費用部分の借入が、本体(売買)価格と一緒に借入れできるようになりました。この点は、諸費用部分を高い金利で、借りなくて済みますので、お客様にはプラス材料です。

 

【フラット35】の審査は、銀行の審査金利3%や4%とは、異なり、実行金利による月々返済が、返済比率内に収まっているかどうか、つまり、審査金利=実行金利ですので、ご年収にご不安な方も、借入れができます。また、1名だけですが、所得を合算して、審査して頂けるのでお勧めです。

 

【フラット35】融資を利用する為には、建物が融資に適合した建物かどうかの判定を受けなければなりません。つまり、建築物の施工基準が融資に適合しなければ、ローンはOKになりません。また、質の高い住宅を取得すれば、金利の優遇措置も得ることができます。建物の良し悪しがわからない方でも、建築士が見て、適合しているかどうかを判定されるので、心丈夫です。

 

【フラット35】の審査は、事前審査は、半日で結果がでます。そこから、いきなり、本審査ですので、必要書類を出来うる限り、早く揃えて審査すれば、銀行ローンよりも、早く結果が出ます。

 

⑦ その他、親子リレー返済も、使用可能ですので、安心したローンをお考えの方、ご年収が若干、少ない方やご商売、自営をされている方、また、このブログをご覧いただき、少しでも、【フラット35】に、ご興味をもたれた方は、是非是非、【フラット35】の詳細をお問い合わせください。ご一緒に、ご利用方法をお手伝いさせていただきます。

 

住宅ローンに対するご不安、ご質問がございましたら、お気軽にご相談ください。                         

                                                                           営業部 阿井川

投稿日:2018/08/26   投稿者:阿井川 幾司

こんにちは臼井です。

 

 

 

毎日うだるような暑さですが、これだけ暑いと、さすがに少しやる気も失せてしまいそうですね!!

 

 

 

 

去る7月の案件なのですが、2年前に購入していただいた方より連絡があり、購入したマンションを売却したいとのことで専任媒介契約をいただき売却活動に入ったのですが、

 

 

 

 

なんとそのマンションの賃借人の方より購入したい旨の連絡がありました!!現在ローンの手続き中です!!

 

 

 

 

 

 

長年不動産業をやっていて、いつも思うのは買主様は物件周辺におられるという事実です。

 

 

 

もちろん他エリアからお越しになられて購入されるケースもあるのですが、だいたい近くの方で成約しているケースが多いと思います。

 

 

 

 

そういえば、営業マン時代に新築戸建をすぐ近所の方で成約していただき、

 

 

 

 

その売り手側業者より

 

 

 

 

 

 

 

「臼井さん、私どもはこの買主さんがいるエリアは徹底的にチラシをまいたけど、その時は反響が1件もなかった!」とよく言われた記憶があります。

 

 

 

 

それとか、新築現場で、その現場よりわずか10m程の方に購入していただいたこともあるのですが、その時も

 

 

 

 

 

「物件が更地より完成するまで、ずっと見ていました。

完成したのを見て、この物件なら大丈夫と思い、問い合わせしました」というお客様もおられました。

 

 

 

 

 

 

やはりタイミングがあるのだと思います。

同じエリアのチラシでもタイミングにより反応する場合と反応しない場合があるのです。

 

 

 

 

要は根気よくコツコツやることが大事ということか!!

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは  また!!!

 

 



 

 


 

 

 

 

投稿日:2018/08/02   投稿者:代表者 臼井 修

アート不動産の藤井です今回は事前審査についてお話したいと思います

事前審査でチェックされることのほとんどは、前年度の年収や勤め先の属性、個人信用情報と呼ばれる、過去に借り入れたローンで延滞があるかです。

事前審査では、借り入れできるかどうかと、いくらまで借り入れできるかどうかが調べられます。

事前審査に必要な書類

事前審査に必要な書類は金融機関によって異なりますが、一般的には以下の書類が必要です。

  • 運転免許証/健康保険証
  • 源泉徴収票/所得証明
  • 印鑑
  • 購入する物件の謄本/測量図/公図/物件地図
  • 他に借入がある場合は、その返済予定表

事前審査はあくまで事前ですので通った銀行で必ず利用する必要はありません。

事前審査の履歴は約半年で消えますので実質NOペナルティーです

よろしければ1度事前審査だけでもどうでしょうか?

投稿日:2018/07/30   投稿者:藤井 俊弥