日記一覧 | 尼崎市周辺の不動産をお探しなら有限会社アート不動産にお任せ下さい。

尼崎市の不動産は有限会社アート不動産
その他・お問い合わせ・お問い合わせトップその他・お問い合わせ・お問い合わせトップ

※弊社は、新型コロナウイルス感染症対策として、来店不要で住まい探しのサポートを開始いたしました。

詳しくはコチラ

日記

DIARY

登録会員の皆様、初めて弊社ホームページへご入店の皆様、

「新年、明けましておめでとうございます。」

 

 今年は、「大寒波による大雪」と「コロナウイルス感染、第3波」から、始まりましたが、7月には、東京オリンピック、2015年には、大阪万博という世界の方々が集う祭典が控えています。

 

 私たちは、3密を避け、「コロナウイルス」を徹底排除し、私たちみんなが、健全な毎日の営みが行えるように、知恵を出し行動し、一丸となって、「打倒コロナ」対策を実践しなければなりません。

 

 弊社は、新型コロナウイルス感染症対策 として、「来店不要で住まい探しのサポート」を開始いたしました。

 

 不要不急の外出を自粛し、WEBで、「お住まい探し」をしていただき、WEBで、「内見」いただき、WEBで、「お申し込み」が可能です。

 

 万一、ご来店ご希望の場合は、「ご来店予約」にて、密を避け、感染症対策を整え、ご来店をお待ちしております。

 

 又、WEBで、物件の資料の送付が、容量的に限りがある場合は、郵便局のメール便にて、遠方の方へも、早期にお届けできますようお送り申し上げます。

 

 この時期、ステイホームにて、ゲーム感覚で、WEB「お住まい探し」を体験してみませんか?

 

 本年も、皆様にとって、良き年で有りますように、また、お住まいをお探しの方は、少しでも、早く、楽して、物件が見つかるように、全面的にサポートさせていただきます。何卒、ご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。

営業部 阿井川

投稿日:2021/01/10   投稿者:阿井川 幾司(宅地建物取引士)

住宅購入はほとんどの人にとっては、一生に一度の特別な買い物!

それだけに住宅ローンについてもよく勉強し、自分にあった住宅ローンを見つけたいですね。



10年程前であれば、どこの金融機関でローンを組んでも金利等の条件は違うものの、審査の基準は似たようなものでした。

ここにきて都市銀行、地方銀行、信用金庫等の金融機関は「住宅ローン」とひとくくりに言っても

審査の基準や融資可能な範囲もそれぞれ多様化してきています。

その結果、これまでなかなか住宅ローン審査に通らない様な方でも、購入を検討できるようになってきています。


その中で、最近のご相談で多いのは「個人信用情報」です。

銀行も当然ですが、個人信用情報を照会してお客様の借入に関する情報を調べます。

金融機関、仲介業者の間では、略して個信(こしん)とよんでいます。

住宅ローンの事前審査、本申込の時には必ずご本人の同意を得た上で個人信用情報の照会をし、与信判断がされることになります。

そこで

「実は色々借りている」

「個人信用情報の内容に自信がない」

「過去に思い当たるフシがある」

「クレジットカードの審査が通らなかった」

という方へのお話です。


◆今現在、他社からの借り入れ(キャッシング・クレジットカードで買い物・車などのローン)がある方

オートローン、教育ローン、カードローン、その他の借り入れがある場合は、まず最初に申告しておいてください。

後で聞いていない借り入れが出てくると、取り返しのつかないこと(審査を出す銀行が減る、審査に出せない)になります。

たとえ、借入があっても「一部借入を返済する」ことで月々の返済を圧縮し、住宅ローンの借入枠を広げることで可能性が上がります。

審査の段階ですべての既存借入を明らかにし、その上で「コレとコレは完済しますが、後はそのままで」という申し込みの仕方でも、将来返済できる範囲内の住宅ローンなら組める場合があります!

また、取扱銀行は少ないですが「既存の借入もまとめて住宅ローンと一緒に融資します!」という商品を扱っている銀行もあります。

リボ払い、クレジット残、キャッシングなどがあり、あきらめている方も一度ご相談ください!


◆既存の借入の返済が遅れたことがある方

返済の延滞は住宅ローン審査においては致命的です。

住宅ローンも延滞する方という印象を持たれてしまいます。

しかし、その内容、理由、回数によっては可能性はまだまだあります。

最近多いのは「携帯電話の分割払い」を含んだ通話料の支払い遅れです。

これもしっかり個人信用情報に記録されてしまいますので、ご注意ください。


◆心当たりがないが、クレジットカードが作れない(審査に通らない)

こちらも最近多いのは携帯電話の分割払いが残っているケースです。

「携帯電話会社の乗り換えと機種変更をして、以前の機種の支払いが終わったと思っていた」

「機種変更の際にキャンペーンでタブレットを契約した」

「ポケットwifiを契約したが使っていない」

などの場合で、支払いを忘れて放置していた方がおられます。

過去にそのような契約があってもその後引越しをされたとかで、ご自身でも気づいておられない場合もあるようです。

または、過去の借入を忘れている、踏み倒したなどの場合です。

おそらく個人信用情報に「異動」という記録がついています。

こうなりますと、住宅ローンはほぼ難しくなります。

この「異動」記録は消えるまで完済してから「5年」かかりますので、5年間は住宅ローンは組めません。

金融機関によっては原因の金額が少ない(数千円の返済が残っていたなど)の場合は検討してくれるところもありますが、厳しくみられるのは間違いありません。


ということで、やはりご自身の情報が気になる方は、個人信用情報の照会は本人でもできますのでやってみてください。

個人信用情報の情報機関としては下記の機関があるので照会してみてはいかがでしょうか。


          1.株式会社CIC
           消費者金融・信販会社・オートローンなど

          2.株式会社日本信用情報機構(JICC)
           消費者金融・信販会社・その他ローン会社

          3.全国銀行個人信用情報センター(KSC)
           銀行・信用金庫・信用組合・その他銀行系信販会社

       

個人信用情報機関は相互に情報を共有しています。
       
また、金融機関が個人信用情報は照会した記録が残ります(6ヶ月間)のでむやみやたらに住宅ローン審査を出すわけにはいきません。

※ご自身がご自身の情報を照会した履歴は残りません。


個人信用情報の見方がわからない、取り寄せた結果で住宅ローンが可能か教えてほしいなどのご相談がありましたら、遠慮なくお申し付けください!

以上、加我がお伝え致しました。

投稿日:2020/12/20   投稿者:加我 聡(リーダー)

屋根(やね)とは、主に建物の上部を覆う構造物です。

 

前回に続き、今回は、屋根の材料について、お話ししようと思います。

 

屋根に使われている材料は、大きく分けると、粘土瓦、セメント瓦、スレート瓦、金属系の4種類に分けられます。

 瓦(和瓦・洋瓦)は、粘土を使った焼きものの屋根材をいいます。耐久性が高く、塗り替えの必要がないのが特徴です。ほかの屋根材よりも重く、厚みもあるため、遮音性、断熱性、耐熱性に強みがありますが、ネックとなるのは、重さです。そのため、耐震性を考慮した工事仕様が求められます。


 

  • セメント瓦は、セメントと砂を原料としたもので、プレスセメント瓦(厚形スレート)とコンクリート瓦に2分されます。施工性が良く、衝撃にも強いため、一般によく使用されています。期待する耐久年数は、30年程度とされており、塗装することによって、さらに延命することが可能です。

 

  • スレート瓦は、セメント成分に繊維質の材料を織り交ぜてできた薄い屋根板です。スレート以外に、カラーベスト、コロニアルなどの商品名で呼ばれています。一般的に広く使用されており、そのため屋根材メーカーが作るデザインやカラーのバリエーションも豊富です。価格が安価なことも普及している要因です。耐久性はそれほど高くはありませんが、耐久性に優れた塗料や遮熱塗料が塗装された屋根材もあります。

 

  • 金属屋根・トタンというのは亜鉛メッキ鋼板のことをいいます。トタン屋根の最大のメリットは、雨漏りしにくいという点です。しかも軽量で安価であるため、以前はトタン屋根を選ぶ方が多かったようです。反面、錆びが発生しやすく、断熱性能がないので、室内の温度も上がりやすく、夏場は空調費用がかさむという難点もあります。最近では、トタンを使用した住宅は減少しています。

 

  • ガルバリウム鋼板は、アルミニウムが55%含まれています。アルミニウムの特徴である耐食性、断熱性、熱反射性が付与されています。また、43.4%含有の亜鉛の犠牲防食機能により、従来のトタンなどよりも、耐久性が格段に向上しています。加工性もよくあらゆる用途に使用されています。

 

  • ガルバリウム鋼板の表面に細かな石粒を吹き付けたものがジンカリウム鋼板です。素材は、ガルバリウム鋼板もジンカリウム鋼板も同じです。ジンカリウム鋼板の特徴は、紫外線で劣化しない鉱物などの細かな粒を吹き付けることで、耐久性をあげています。他にも、表面の砂状の粒により雨音がガルバリウム鋼板よりも静かになります。定期的な塗装は不要ですが、厚みがガルバリウム鋼板と大差がないので、断熱性を考慮して施工しなければなりません。

 

  • ステンレス屋根材は、錆びに強いため、海岸近くにお住いの方はよく検討される屋根材です。表面の塗装は、ガルバリウム鋼板と同様に工場で塗装されていますので、当然、経年による紫外線で色褪せてきます。ただし、色褪せを気にしない方は、塗装メンテナンスは、不要です。ガルバリウム鋼板などと比較して価格がかなり高いので、一般住宅には、普及していません。沿岸地域でなければ、あまり使用されない屋根材です。

 

  • 銅板屋根は、その厚みによって耐久性が変わってきます。下地をしっかりと施工し、0.4mm程度の厚みであれば、100年もつと言われていた時期もあります。現在は、酸性雨などにより、屋根に穴があく事例が多く発生しています。新築時は、新品の10円玉のような色ですが、緑青(ろくしょう)が出ることにより、緑色に変化していきます。それ以降は、大きな変化はなく長持ちします。

 

  • アスファルトシングル(グラスファイバーシングル)は、不燃布やガラス繊維であるグラスファイバーにアスファルトを塗装し、さらに表面には、細かな石粒(砂)などを施し、アクリル樹脂で固めて仕上げた屋根材です。昔は、フェルト紙にアスファルトを浸透させていたので、それと比較して数段、耐久性が向上しました。表面の石粒もキズが付きにくいといったメリットがあります。 

 

  • 陸屋根(ウレタン防水・シート防水・FRP・アスファルト防水)は、屋上部分が平らな屋根のことです。雨水の排水が必要なので、わずかに勾配が有ります。最近は、ハウスメーカーの戸建住宅でも平らな陸屋根が増えてきました。陸屋根は、太陽光パネル、庭園などに活用されています。陸屋根のメリットは、何と言ってもスペースの有効活用ができる点です。また、端から端まで歩いていけるので、勾配のある屋根よりもメンテナンスが容易です。雨漏りを防ぐ防水工事には色々な工法が有ります。概ね10年程度で点検やメンテナンスを行なうことによって、被害や改修費用を抑えることができます。

 

 以上の様に、屋根の材料もいろいろなものが有ります。

 その材料の性質によって、耐火性、耐久性、断熱性、遮音性、耐震性、デザイン性等々、異なってきます。中古住宅であれば、その葺かれている屋根によって、どのような性能を発揮しており、デメリットを抑える為には、どのようなメンテナンスが必要かを考えること、また、新築される場合は、オールマイティーの屋根材は、有りませんので、どのようなメリットを生かして、屋根を葺くかを検討する参考にして頂ければと思います。

 弊社では、皆様が、無理のない住宅購入の決断を下せるように、各担当者が、アドバイスやご内覧のサポートをさせていただきます。物件(商品)のご内覧に関するご質問は、ご遠慮なく、お申し付けください。

営業部 阿井川

投稿日:2020/12/13   投稿者:阿井川 幾司(宅地建物取引士)

 こんにちは、アート不動産の山田です。

前回は、「住宅取得の際の贈与税の特例」の非課税限度額等のお話をさせていただきました。今回は、その「住宅取得の際の贈与税の特例」の非課税適用者の主な要件等についてのお話しをさせていただこうと思います。

 

前回のおさらいですが、「住宅取得の際の贈与税の特例」というのは、両親や祖父母などの直系尊属から住宅取得のための資金の贈与を受けた場合で、一定の要件を満たすときには、①住宅取得等資金の非課税と、②相続時精算課税選択の特例(①及び②の特例を「住宅取得の際の贈与税の特例」といいます)の適用を受けることができるというものでした。

 

そして、「住宅取得の際の贈与税の特例」の非課税適用者の主な要件というのが、以下の通りです。

 

 ①贈与を受ける者が、20歳以上であり、その年の所得金額が2000万円以下であること。

 

 ②贈与を受ける者が、贈与者の直系卑属(実の子、実の孫)であること。

 

   ③贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、贈与を受けた金額の全部を、住宅の新築もしくは、取得の対価、又は増改築等の費用に充てること。

 

 ④贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、その住宅に居住しているか、又は遅滞なく居住することが確実であると見込まれること。

 

 以上が、今回の「住宅取得の際の贈与税の特例」の非課税適用者の主な要件のお話しでした。

 

次回は、「住宅取得の際の贈与税の特例」の対象となる贈与の要件(物件等)についてのお話をさせていただこうと思います。

投稿日:2020/11/28   投稿者:山田 裕之(宅地建物取引士・チーフ)

アート不動産の藤井です

今回は住宅ローンの際耳にする返済比率についてお話しさせていただきます。

返済比率(返済負担率)とは、「年収に占める年間返済額の割合」のこと。住宅ローンの審査で金融機関がチェックするポイントの一つ。返済比率(返済負担率)が基準を超えると返済負担が重くなり、返済が滞るリスクが高まるので、融資が受けられなかったり、借入額を減らされたりする。

この返済比率(返済負担率)は金融機関や住宅ローンの種類によって異なるが、おおむね30~35%程度となっている。返済比率(返済負担率)の計算式は「返済比率(返済負担率)(%)=年間返済額÷年収×100」となる。ここでいう年収は、会社員なら社会保険料や所得税などを差し引く前の「税込み年収」だ。また年間返済額には住宅ローンの毎月返済額やボーナス時返済額だけでなく、住宅ローン以外の借り入れがあればその返済額も含めるので注意したい。「クレジットカードでリボ払いを利用していたり、携帯電話の端末代金の分割払いをしていたりすると、その分も返済額に加算されます。きちんと返済しているかもチェックの対象ですので1度ご相談いただければと思います。

銀行によって返済比率の基準はバラバラですので1度審査に通らなくてあきらめるのではなくお気軽にご相談下さい!

お問い合わせお待ちしております。

投稿日:2020/11/23   投稿者:藤井 俊弥